車で旅する、世界を巡る。

個人旅行×ロードトリップ。ただし例外もあり。

部屋から別府湾の眺めを堪能!別府北浜温泉、ホテルニューツルタの「デラックス和室」に宿泊してみた。【別府温泉/ホテルニューツルタ宿泊記】

f:id:voyageenvoiture:20210710123024j:plain

大分県の言わずと知れた、有名温泉地「別府」

別府温泉と一言でいう場合が多いですが、実態は多くの種類の温泉地がその地域に集まっており、その総称を「別府温泉」と呼んでいます。

今回はその数ある別府温泉の中でも一番海に近い「北浜温泉」に位置する、古き良き雰囲気のある「ホテルニューツルタ」に宿泊してきました。

ここの特徴は何と言っても別府湾を望める温泉とお部屋。たっぷり堪能してきましたので、ホテルの様子をお伝えいたします。

 

別府駅から徒歩8分。海沿いに建つ「ホテルニューツルタ」

f:id:voyageenvoiture:20210706230808j:plain

ホテルニューツルタは別府駅から徒歩8分。電車で訪れる場合も立地良し。駐車場も無料で、ホテルの前に駐車可能な為、車でのアクセスも良しです。

 

f:id:voyageenvoiture:20210706230819j:plain

ホテルロビー。なんだろう、すごく懐かしい雰囲気が漂っています。レトロというほどでもないけど、郷愁を感じるような、昔懐かしいような。そんな雰囲気です。

さて、今回宿泊で予約したのは「明亭(あかりてい)」のお部屋。このお宿は今回の「明亭」と「本館」に建物が分かれており、明亭の方が新しい建物であるようです。

 

明亭の「辰明」に宿泊。

今回はデラックス和室の「辰明」というお部屋に宿泊。お部屋の種類は選べません。(どんな違いがあるかもよく分かりませんが)

f:id:voyageenvoiture:20210706232323j:plain

お部屋は12畳で広め。スタッフの方がお部屋に入る回数を減らすため(接触機会を減らすため)、すでにお布団は敷いていただいていました。お夕飯を付けなかったというのもあるのかもしれません。

こちらのお部屋は、古さをあまり感じることはなく、内装、調度品共に綺麗で、想像していたよりももっと「現代的な」雰囲気を感じます。

f:id:voyageenvoiture:20210706232942j:plain

調度品も綺麗に設えられている

壁紙もどちらかというと和モダンな雰囲気で、畳も使い古された感じもなく、居心地の良さを感じます。

 

f:id:voyageenvoiture:20210706233142j:plain

もちろん浴衣も完備。でも小さいタオルに関してはロゴなどがなく、ただの白いタオルでした。結構このちっちゃいタオル集めるの好きなので、ちょっと残念。

 

f:id:voyageenvoiture:20210706232953j:plain

広縁もあり、座椅子完備です。この辺は良くも悪くも、普通ですね。

ただし、この広縁からの景色は一味違います。

f:id:voyageenvoiture:20210710120838j:plain



別府湾を一望。

ちょっと左側の建物が邪魔だな~と思って、ちょっと階が低いな~という感じもありますが、概ねよい景色です。湾に停まっているのはヨットで、この「ヨットハーバー」の雰囲気が良いです。うん、悪くない。

ちなみに結構大通り側に面しているのですが、二重窓となっており車の音などはあまり気になりません。全くしないわけではないですが、よっぽど神経質な方でなければ問題ないかと思います。

 

f:id:voyageenvoiture:20210706230655j:plain

もちろん洗面台やトイレ、お風呂も付いています。お風呂はトイレと一体型のユニットバスでした。基本大浴場を使用するだろうということなのでしょうね。

 

f:id:voyageenvoiture:20210706230720j:plain

アメニティは「オーランジュロゼ」。ボタニカルなデザインで可愛らしい。大浴場も確か同じアメニティで使用してみましたが、個人的には、髪のキシキシ感もなく、髪も肌も乾燥しすぎることもなく、使用感は良かったです。ホテルアメニティの中では結構いいほうなんじゃないかなと思います。

肌が弱い体質なので、こういうアメニティに拘ってくれるところはありがたいですね~

 

f:id:voyageenvoiture:20210706230726j:plain

もちろん歯ブラシや櫛など、基本的なアメニティも付いています。

 

一点残念だと思った点が。

f:id:voyageenvoiture:20210706234940j:plain

ウェルカムスイーツみたいな、お茶請けのお菓子がありませんでした。こういうところは大抵あるのに、、いつも旅館であればあれを楽しみにしているので、ちょっと残念でした。

 

とまぁ、少しマイナスな点がなくもないんですが、全体としての感想は「結構新しめで、綺麗で、過ごしやすい」。及第点以上はあると思います。

 

別府北浜温泉、ホテルニューツルタの温泉の実力!

f:id:voyageenvoiture:20210708233434j:plain

さて、ここの温泉は「二條泉」という名前がついています。その歴史は古く、天保の時代から湧出しているそうで、老舗温泉と呼んで差支えないでしょう。

その昔、結構なお偉いさんが入ってみたら傷がみるみる癒えて、そこから有名になったといった逸話がある温泉です。(詳細は温泉内に掲示してあります)

 

そしてこの大浴場からの眺めも良い景色

温泉内では撮影禁止ですので写真はありませんが、お部屋からの眺めと同じような別府湾ビューが眺められます。パノラマでかなり広い、迫力のある景色です。絶景、とはちょっと違いますが、味のある風景です。

夜は別府湾の反対側に明かりが見えるしっとりとした雰囲気があり、朝は朝日が昇る溌剌とした雰囲気があり。時間によって変化する別府湾の景色を楽しむのも、また乙です。

ただしちょっと窓が大きくて、外から見えないか心配になるほど。良くも悪くもガラスに温泉成分が付着しており、気を付けながらはいればそこまで問題はないかと思いますね。

 

さて、肝心の温泉ですが、こちらの温泉は源泉掛け流し。

色は薄めの褐色肌あたりはさらっとしていて入浴し易くはありますが、温泉成分の重曹がお肌をつるつるにしてくれます。湯船の中や壁などには温泉成分がこびりついており、正統派な温泉であることを感じさせてくれます。

湯温もちょうどよく、あるいは少しだけ熱めに調整されており、入り心地は良いです。長湯するような感じというよりは、ざばっと入って堪能する感じに近いかな。

 

ちなみに、入浴に適切なタイミングは早朝の朝日が出てきた頃合い、もしくは夕方の夕焼け空が見えるころ合いかなと思います。湾の景色が見れる上に日差しがきつく無いのでおすすめ。逆に太陽が昇ってきた午前中~昼間に関しては日差しが結構当たるので、非常に暑いですし、日焼けが気になっちゃいます。

建物の向き的に夕日は見られないので、朝日が見られる早朝が一番おすすめですね!(早起きできなくって実際に見れてはいないので、予想となってしまい恐縮ですが…)

 

なお施設は少し経年による古さは感じますが、清掃自体はきちんとなされているような印象があり、衛生面でも問題ない印象を受けました。

 

今回のお夕飯は外で!大分名物を堪能。

今回はあえてお宿でのお夕飯はつけず。外で飲食してみることとしました。

今回伺ったのは別府で超有名な「炉端 仁」。ホテルニューツルタからは徒歩3分程度。こちらのお店、なんとも最高に美味しくて最強コスパの居酒屋でしたので、心の底からおすすめしたいお店です。

こちらは別途記事にまとめますので少々お待ちください~

 

ちなみに場所はこちら↓

 

朝食はビュッフェ形式。広い会場で安心安全。

今回ももちろん朝食付き。

此方の朝食は上層階の宴会場のような場所が会場です。席数もそこまで多くないため、わりと他者との距離を取って食事を摂ることができます。

ビュッフェはこのような感じです。

f:id:voyageenvoiture:20210706230852j:plain

f:id:voyageenvoiture:20210706230840j:plain

細かなメニューは忘れてしまいましたが、和食を中心としたメニューで、でも洋食もそれなりに種類もあって、万人が受け入れられる朝食です。

 

f:id:voyageenvoiture:20210710120926j:plain

f:id:voyageenvoiture:20210710120920j:plain

カボスドリンクがあったり、高菜の油いためがあったり、大分らしいメニュー、九州らしいメニューなんかももちろんラインナップされています。

そしてお味も悪くないです。普通に美味しいな、と思える感じで、ここの朝食は全然つけてもいいなと、個人的には思います。

 

そして再三ですが、この朝食会場も、

f:id:voyageenvoiture:20210706230900j:plain

景色がいい。

別府湾を眺めながら優雅にお食事がいただけます。

ちなみにこの日は割と繁忙期でしたが、朝食会場に人は少なく。寂しさ、活気の少ない切なさを感じつつも、ゆったりとした朝食をいただけました。

スタッフの方も丁寧な接客である印象を受け、また椅子の装飾なんかもされていたり、随所に良くしようという気遣いも感じられる宿です。

 

 

まとめ

温泉もあり、広めの部屋に宿泊できて、それでいてそこまでお値段も張らず。他の宿泊施設の別府湾が見えるお部屋は往々にしてお高めの値段設定であることが多かったのですが、こちらは別府湾ビュールームでも他の施設の半分~2/3程度のお値段。(まぁ他の建物が見えたり、ヨットハーバーがあったり所謂「オーシャンビュー」とはちょっと違うという、人によっては見劣りする面もあるかもしれませんが)

そこも踏まえるとなかなかコスパ良く、総合的に見て満足できる宿泊施設だと思いました。

また別府で有名な鉄輪、明礬に比べて知名度や華はないが泉質は良く、流石別府と思えます。また繁華街に近いので立地面は非常に良いと言え、そこはメリットです。

個人的な印象としては、日常を忘れて宿でゆっくり楽しむ温泉宿、というよりは、観光を楽しみつつカジュアルに温泉を楽しむ温泉宿、という印象です。

やっぱり古さというものを廊下だったり設備だったり、随所に感じることもあり、モダンなおしゃれ感は感ぜられない為、そこを気にされる方、または上記のように宿メインでゆっくりしたいという方にはすこし不向き、かもしれません。

 

アクセス&宿泊情報

ホテルニューツルタの場所はこちら↓

 別府駅からは徒歩8分。海にもほど近く、近くの砂浜(別府スパビーチ)や別府タワーも徒歩圏内です。繁華街に近いので飲食面も問題なく、立地に関してはいいと思います。

 

今回の宿泊データ

宿泊時期2021年5月上旬に1泊

部屋明亭「辰明」 ※予約時は「デラックス和室」で予約

値段11,798円(1部屋2名1泊)

食事朝のみあり

駐車場あり(無料)

予約方法じゃらんでネット予約

その他、お部屋の情報などは公式HPも見てみてね↓

www.newtsuruta.com

ホテル予約 ▼▼ホテルニューツルタのご予約はこちらから▼▼

  

f:id:voyageenvoiture:20210710155839p:plain  f:id:voyageenvoiture:20210710163341p:plain 

※予約サイトによって価格、掲載プラン、空き状況は大きく異なる場合もあるので、必ず複数のサイトの情報を比べた上で予約を行ってください。(上記以外のサイトでも掲載されている場合があるのでできれば確認した方がよいです!)

さいごに

別府湾が一望できるお宿、ホテルニューツルタ。

お値段もリーズナブルで、景色もそこそこよく、何より別府の素晴らしい温泉が堪能できます。

明礬温泉や鉄輪温泉もいいけど、次の旅行は少し趣向を変えて、北浜温泉へ出向いてみるのもいいのではないでしょうか。きっと、また違った、素晴らしい温泉体験ができ、別府の良さを発見できるはず。

是非是非、訪れてみてくださいね!