車で旅する、世界を巡る。

個人旅行×ロードトリップ。ただし例外もあり。

戸倉上山田温泉『湯元上山田ホテル』の露天風呂客室に宿泊。昭和レトロな温泉宿で癒される、宿泊記。【長野県の温泉宿】

f:id:voyageenvoiture:20200803231424j:plain

こんにちは。

今回のテーマは

『昭和レトロな温泉宿『湯元上山田ホテル』宿泊記』

 

今回ご紹介するのは、長野県の千曲市戸倉上山田温泉にある湯元上山田ホテル

大正8年創業の老舗温泉ホテルです。

昭和レトロな趣のホテルで、レトロ好きにはたまらない佇まい。

そして何と言っても温泉が本当に最高で至福のひとときが過ごせます。

そんな、湯元上山田ホテルをご紹介します。

 

 

 

1.出発

今回の旅は普通の週末にしました。

行くのを決めたのはその前日、金曜日の夜。

ものすごく急いで準備して、1時間ぐらい予定より遅れて出発。

 今回はマイカーでの旅。

往路は小布施町に寄ってから、戸倉上山田温泉に向かいます。

なお小布施町観光についてはまた別記事を書く予定です。

 

1.湯元 上山田ホテル

上山田ホテルに到着!

外観はこんな感じ。

f:id:voyageenvoiture:20200716233742j:plain

いかにも、昭和。

 

車で訪れましたが、バレーパーキングのように車は従業員の方が駐車してくださるようです。

なお、言えば自分で駐車することも可能です。

私たちは後者を選び、自分の手で駐車させて頂きました。

駐車場は細い道路を挟んだすぐ隣、青空駐車場です。

 

さて、チェックイン。

館内の設備も黒電話が置いてあったり、レトロかわいい裁縫道具があったり。

モダンなホテルとは違う雰囲気が新鮮です。

 

もちろんエレベーターはついていますので、大きい荷物や足腰に自信がない方、ご年配の方も気軽に泊まれます。

 

今回予約したのは『露天風呂付き客室 10畳~12畳』。 

f:id:voyageenvoiture:20200716232050j:plain

お部屋はこんな感じ。

昔ながらの旅館といった風情で、

お花か綺麗に活けられていたり、素敵な掛け軸があったり。

細かな気遣いを感じます。

現代的な空気清浄機がちぐはぐな雰囲気なのも、また良きです。 

 

f:id:voyageenvoiture:20200716232057j:plain

長野らしく、お茶はそば茶。

香ばしい。

 

今回はお部屋に半露天風呂が付いている部屋を予約しました。

f:id:voyageenvoiture:20200716234532j:plain

温泉成分によって多少の傷みはありますが、綺麗にお掃除がしてあります。

足がぐっと伸ばせるほど十分な大きさの浴槽です。

 

f:id:voyageenvoiture:20200716232041j:plain

浴槽の隣には お休み処も。

お風呂に入って、ゆっくり休んで、ほっと一息。

ここにはブラインドも付いていますので、ある程度はプライバシーが保たれています。

 

2.周辺散策

少しホテルでのんびりしたら、周辺の散策にお出かけです。

このホテルがあるのは、戸倉上山田温泉

開湯から120年を数える、古くからの温泉街です。

 

 

街は全体的にレトロな雰囲気が漂っています。

 

f:id:voyageenvoiture:20200716232124j:plain

昭和にタイムスリップしたような気分。

昭和に生きたことはありませんが、現代とは違う空気、温かみや人間味を感じます。

なんとなく、ほっとするような場所です。

 

 

f:id:voyageenvoiture:20200716232117j:plain

街中には飲泉できる場所が。

口に含むと、少し硫黄の風味。

濃すぎず薄すぎず美味しいです。ちょっと熱いです。

 

またこの湯のみ処の少し奥に1分ほど歩いていくと、

廃墟マニアに有名なあの信州観光ホテルの解体現場を見ることができます。

 

 

f:id:voyageenvoiture:20200716232108j:plain

少し歩けば千曲川の河川敷も出現します。

日頃の忙しなさなんて微塵も感じない、ゆったりとした時間が流れます。

もっと手前は工事中ですけどね。

 

3.温泉

散策が終わったら、旅館に戻ります。温泉に入ってのんびり。

今回はお部屋に半露天風呂が付いている部屋を予約しましたが、ここにはこの他にも、露天風呂大浴場家族風呂があります。

全て源泉掛け流し。

※ただし、家族風呂は大浴場からお湯を引いているようで、直接源泉からお湯を引いているわけではありません。

 

ここの泉質は弱めの硫黄泉といった感じで、少し硫黄の香りがします。

入浴してみるとすこーしとろみがある感じ。

浸かっているとだんだん肌がつるつるになってきます

肌がさほど荒れることもなく、つるつるすべすべの肌になりました。

熱さもちょうど良いので長時間入っていられます。

 

また露天風呂と大浴場では飲泉も可能です。

味は街中の飲泉所と同じでした。

 

 

4.夜ご飯

お待ちかねの夕食。

お食事どころは一組ずつ壁で仕切られていて、個別に食事が取れます。

 今回のメニューがこちら。

 

f:id:voyageenvoiture:20200718231225j:plain

かなりボリューミーなラインナップです。

 

f:id:voyageenvoiture:20200716232134j:plain

和食。どれも美味しいです。

目立って感動的に美味しいというわけではなく、平均的に見て、美味しい。

 

特に美味しいのが、これ。

f:id:voyageenvoiture:20200717000602j:plain

胡麻豆腐に山菜が入っていて、だしがかかってます。

胡麻豆腐の風味、なめらかな食感と山菜のシャクシャクした食感が合います。お出汁もちょうどいい。

 

f:id:voyageenvoiture:20200717000613j:plain

あとはこの、左上の謎の魚

なぜピンクなのか?

なぜキュウリに入っているのか?

謎でしたが、子持ちししゃもみたいで美味しいです。

 

f:id:voyageenvoiture:20200717000607j:plain

しゃぶしゃぶも信州の豚を使用しています。甘みがあって柔らかくて美味しい豚肉でした。

 

f:id:voyageenvoiture:20200717000617j:plain

メインはこの鮭。食べかけでごめんなさい。

ふきのとうを使用したばっけみそが付いています。

ご飯に合いそうな味です。

 

f:id:voyageenvoiture:20200717000620j:plain
アナゴのてんぷら。

ふわふわでさくさくで美味しい。

あとはズッキーニのてんぷらが美味しい。

ジューシーでサクサクの衣と相性がいい。

 

最後のデザートはイマイチ

ちょっとチープな、大量生産のような洋菓子でした。

法事の際に出てくるような、あの感じです。

ここまでせっかく和できてますから、夏ですし水羊羹とかだと嬉しいですね。

 

トータルで見て、満足です。

 

 さて、少し休んで、またしっぽりお風呂といきましょう。

 

 

5.朝ごはん

畳のお部屋でぐっすり眠ったあとは、お部屋の露天風呂でひとっぷろ。

途端に目が冴えます。

 

さて、こんどは朝食。

f:id:voyageenvoiture:20200717001244j:plain

こんな感じ。

朝も和食。たまには和食づくしもいいですね。

ここはお豆腐がとても美味しい。

 

鮭もとっても新鮮。程よい塩気がご飯と合います。

お味噌汁もボリュームがあって、とっても美味しい。

 

ごちそうさまでした。

朝食もボリューミーで温かくて、美味しいです。

 

6.帰路

またお部屋でゆっくりしたら、チェックアウト。

チェックアウト時間は10時です。

高原をドライブしながら帰路につきます。

 

 

7.総評

 少し古めかしいながらも程よいレトロさ。

昭和にタイムスリップしたかのような気分になれます。

でもここは何よりも温泉が最高。泉質も温度もちょうどよく、何度でも入りたくなる温泉です。

ご飯も美味しくて、全体的に満足のいくステイとなりました。

ただ、この日は1泊で40.000円程度。施設の古さやこまごました部分を考えると、コスパは普通です。

 

 

アクセス 

場所はこちら↓

上信越自動車道「更植IC」から車で10分程度です。

電車では、しなの鉄道線「戸倉」駅から2km程度です。

 

宿泊情報
宿泊時期:7月中旬に2泊

部屋:「露天風呂付き客室 10畳~12畳」

値段:40.000円(1泊)

食事:朝夕あり

駐車場:あり(無料)

予約方法:じゃらん

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。

昭和レトロな雰囲気「湯元 上山田ホテル」。

温泉の泉質が良く、肌にいいので女性の方にもすごくおすすめ。

是非一度行ってみてはいかがでしょうか。