車で旅する、世界を巡る。

個人旅行×ロードトリップ。ただし例外もあり。

 これが、アフガニスタンの味。東京中野「 パオ・キャラヴァンサライ」で美味しすぎるアフガニスタン料理を初体験。

f:id:voyageenvoiture:20210722210340j:plain

東京は東中野にあるアフガニスタン料理店、「パオ・キャラヴァンサライ

東京広し、といえど、アフガニスタン料理店と銘打っているお店は非常に珍しいと思います。

アフガニスタンなんて、この昨今の情勢になる前からなかなか訪れることが難しい国の一つです。そんな国の料理が、東京でも味わえるなんて。

これは行くしかありませんね!

と、いうことで、どんな料理が出てくるのか?わくわくしながら、実際に訪れてみました。

 「アフガニスタン料理」を提供するお店、「 パオ・キャラヴァンサライ

f:id:voyageenvoiture:20210719223254j:plain

パオキャラヴァンサライ、こちらのお店です。

 

f:id:voyageenvoiture:20210719223322j:plain

店内は結構広め。席間の広さもまずまずです。

ここの特徴は、こちらの椅子のお席とは別に、アフガン風の絨毯がひいてある「絨毯席」があること。地べたに絨毯をひいているというわけではなく、小上がりというか、座敷みたいな場所に座るイメージです。もちろん靴も脱ぐようなので衛生面も問題なさそうです。

内装もアフガンスタン様の布を飾って中央アジアの雰囲気を醸しつつ、裸電球や天井備え付けの扇風機など、どこか戦前、戦後の日本を感じさせるようなレトロな趣の店内です。

ディナーメニューはこんな感じ。

f:id:voyageenvoiture:20210719223439j:plain

f:id:voyageenvoiture:20210719223421j:plain

ディナーのメニューはこんな感じ。

ちょくちょく日本風の前菜もあったりしますが、基本的にはアフガン料理が多数。特に羊肉を使用した料理が豊富で、マントウだったりラムロースのたたきだったり、調理方法も様々です。

前菜からメインのメニューまで、結構豊富なラインナップとなっています。

ドリンクメニューも豊富です↓

f:id:voyageenvoiture:20210719223404j:plain

f:id:voyageenvoiture:20210719223425j:plain


私達は中央アジアを訪れたことは今までありませんので、今回、名実ともに中央アジア初体験なのです。

さて、今回注文したメニューはこちら。

  • ケバブ
  • アフガンマントウ
  • ナン
  • ラグマン
  • ラムスペアリブのカラヒィ
  • ムハレビ

アフガンっぽいかな~と思ったメニューを中心にチョイス。ラム肉好きなのでラム肉をたくさん食べられるようにチョイス。という感じですね。

 

これが東京で味わう「アフガニスタン料理」だ!

まずはケバブ」。

f:id:voyageenvoiture:20210719223400j:plain

アフガニーのケバブ。ひき肉をまとめたハンバーグ上のものではなく、焼き鳥のような、お肉をそのまま焼いたものです。ひき肉状のものはコフタの方ですね。

これが焼きたて、ジューシーですごく美味しい。味付けは控えめで、香辛料が香るというよりはラム肉本来の香りを味わう感じで、今まで食べたどのケバブよりシンプルな味わいでした。

正直に言えばどこがアフガニーなのか?というのはよくわからなかったのですが、とりあえず美味しかったので良しです。

 

お次は「アフガンマントウ」

f:id:voyageenvoiture:20210719223350j:plain

ラム肉を使った水餃子のような料理です。水餃子よりも皮が厚くて、肉まんと餃子の中間くらいな感じです。

こちらも中身のラム肉の味わいがじわっと広がって、とても美味しいです。肉汁があふれるという感じではないですが、噛み応えがあって、食べ応えがあります。

ソースもインドや中東でよくあるヨーグルト系の酸味があるソースと、トマトソースが同時にかかっています。この2種類が同時に存在するのって珍しいですよね。でも異なる種類の酸味がうまくマッチして、すごく美味しいです。

以前食べたネパール料理の「モモ」(ネパールの水餃子)に結構似ているな、と思いました。

 

小休止で「ナン」を。写真撮り忘れちゃいました。

こちらのナンは全粒粉を使用しているのでしょうか、茶色い粒々が混じっています。そしてこれまで食べたどのナンよりも香ばしくて、そしてパリッパリに焼かれていて、すごく美味しい。よくあるインド料理屋のふわふわ系のナンとは一線を画しています。

大きさについては、正直ちょっと物足りない感じ(インド料理屋のナンの半分程度)かもしれませんが、他の料理と合わせて食べるにはちょうどいい大きさかもしれません。

個人的にはここのナン、すごく美味しいと思います。

 

こちらは混ぜ麺の「ラグマン」。

f:id:voyageenvoiture:20210719223335j:plain

これはすごく美味しい。ラムのひき肉と大量の胡麻が入っていて、辛くない担々麺のような感じです。この胡麻がすりつぶしていないそのままの胡麻で、噛むごとにフレッシュな胡麻の香りが広がってなんとも言えず美味しい。香辛料はあまり感じず、何の味付けかはあまりよくわからなかったのですが、とりあえずとっても美味しいんです。

乗っている緑のものは大量のパクチー。このパクチーがまた胡麻とラム肉のひき肉に合うんです。

そして麺も自家製麺ということなのですが、もちもちというか、非常に歯ごたえがあってすごく美味しいです。今回は大を頼んだのですが、大で正解だったな~と思います。小だとちょっと物足りないかも。非常にエスニックで個人的にはすごくお気に入りです。

 

そしてメインの「ラムスペアリブのカラヒィ」

f:id:voyageenvoiture:20210719223331j:plain

これもすごくおいしい。カラヒィというのは鉄鍋のことらしいです。

煮込み料理にも思えるんですが、スペアリブが香ばしくカリカリに焼き上げられていて、その上で大量のトマトと共に煮込まれている感じ。スペアリブはこんな感じです。

f:id:voyageenvoiture:20210719223323j:plain

このスペアリブがジューシーで、全然臭みのないラムで、噛めば噛むほど旨味が口に広がって、すごく美味しい。お肉自体がとっても新鮮でぷりぷりです。

そしてトマトの方にも焼き上げられたラムの芳醇な香りが移っていて、トマトだけでも満足感があります。

これも結構多量のパクチーが載っていて、合います。注文の時には特に載せるかどうか聞かれなかったので、苦手な方は注文の際に伝えるとよいでしょう。

ただね、ちょっとお値段の割にお肉の量が少ないかな、、というのは思いました。トマトが半分以上でした。日本で美味しいラムを食べると往々にして高価なので、高すぎるとは思わないですが、、もうちょっとお肉が多いか、お値段を下げてくれると嬉しいかな~

 

ラストはデザート「ムハレビ」

f:id:voyageenvoiture:20210719223301j:plain

粘り気のある、ねっとりした食感のデザートでした。味は最高に美味しい。

クリーム系の味で、甘さもちょうどよくって美味しい。なんかこう、アイスの雪見だいふくにちょっと味が似ています。あれ系の味。食感とも併せて、似ているかも。

粘度があるので満足感もすごく高いです。餅系とはまた違う感じで、あまり日本ではデザートにはない食感かも。

アーモンドも味、食感共にいいアクセントになっています。個人的にはこのデザートすごく好きだな~~普通にコンビニとかで売っててほしいです。絶対買います。

ちなみにこれはアフガニスタン風デザートではなく、「トルコ風ライスプディングらしいです。なるほど、トルコアイスにちょっと似ている。美味しい。

 

まとめ:アフガニスタン料理、レベル高し。

f:id:voyageenvoiture:20210719225331j:plain
アフガニスタン料理店には初めて行きましたが、アジア料理にと中東料理の中間だな、と思いました。香辛料が多量に使用されているような感じではありませんが、ケバブなどは中東の方に多い料理があったり、マントウのようにアジアっぽい料理もあったりして、どちらの影響も受けているなーという感想です。香辛料がない分食べやすさはあるかもしれませんね。

あと、このお店自体のレベルが非常に高いです。どの料理も外れなしで本当に全部美味しかったです。現地の味を知らないので現地寄りの味か日本寄りの味かは判断できないんですが、主観で言わせてもらうと中間くらいかな~という印象を受けました。でも、美味しいからまぁどっちでもいいや、って思うくらいです。笑

何よりもラム肉が本当に新鮮です。全然臭みもないし、どれもジューシーですごく美味しいんですよね。本当にどのメニューも美味しくて、どれが特におすすめとかありません。全部おすすめくらいなものです。ただ、ラグマンとカラヒィは次も絶対食べるだろうな、と思います。

 お値段も高すぎない料理もあるので、全体的にバランスが取れた価格設定だなと思います。これだけの種類を食べて、2人で4700円程度。高すぎるとは言えないと思います。

正直アフガニスタン料理全体が美味しいのか、このお店が特に美味しいのかっていうのは、判断できないんですが、総合的にみて言えるのは「このお店ほんとにおすすめ」ってこと。結構な人気店なようですが、珍しいだけで売れてるんじゃなくて、味も良い。

 

アクセス、お店の情報

場所はこちら↓

 JR中央線/総武線東中野駅より徒歩30秒くらい。

都営大江戸線東中野駅からも1分くらいで行けます。電車で訪れる際の立地はよいです。

専用駐車場、提携駐車場はないようなので、近くの駐車場を探す必要があります。このあたりの地域は路上駐車エリアが近くにないようなので、コインパーキング等を利用するしかないですね。駐車場料金も安いとは言えないエリアなので、お住まいのエリアによっては電車の方がいいかもですね。

 

お店の情報

営業時間土日祝 12 : 00 〜 20 : 00
     (休憩 15 : 00 〜 17 : 00)
     ( L . O 19 : 00 )

定休日平日

※営業日、定休日に関して、東京都に緊急事態宣言が発出されている2021/8/22までは上記の予定であるようです。それ以降の期間、及び緊急事態宣言の発出状況により随時変更される可能性があります。

電話番号03-3371-3750

住所東京都中野区東中野2-25-6 1F

専用/提携駐車場なし

電話予約可 ※人気店で混む可能性があるので、事前予約をおすすめします!

ネット予約不可

公式サイトパオ・キャラヴァンサライ

※メニューなどは公式サイトにも結構詳しく載っていますので是非ご参考に。(ただ、ちょっと値段が変更されてるものもあります)

 

ちなみに営業時間などの情報は食べログの方が最新の情報が載っていますので、こちらも見た方がいいかも↓

tabelog.com

 

さいごに

東京都内でも珍しいアフガニスタン料理を味わえるお店を紹介しました。

珍しいだけではなく、味も最高に美味しい、そもそものレベルが高いアフガニスタン料理店でした。

なかなか現地には行きたくとも行けない情勢が続いていますが、東京でその味覚だけでも味わってみるのも良いのではないでしょうか。

是非、足を運んで見てくださいね~