車で旅する、世界を巡る。

個人旅行×ロードトリップ。ただし例外もあり。

瑠璃色の海を独り占め!ミャンマーのンガパリビーチで泊まるなら『Jasmine Ngapali Resort』がおすすめ。

 

f:id:voyageenvoiture:20200909234103j:plain

今回はンガパリビーチのおすすめホテル『Jasmine Ngapali Resoort』宿泊記。

 

ミャンマーの西部に位置するンガパリビーチ。

アジアNo.1ビーチに選ばれたこともあるというビーチです。

今回は北方に位置する5つ星ホテル『Jasmine ngapali beach』に宿泊。

リゾートらしいビーチのあるホテルで、瑠璃色の綺麗な海を眺めながらまったり過ごすことができました。

その魅力を余すところなくご紹介します。

 

※この記事は2019年12月~2020年1月時点の情報です。

感染症の蔓延、及びミャンマー国内で発生したクーデター、それに伴うデモの発生などによりミャンマー国内の状況は短期間で大きく変化している可能性があります。常に最新の情報を得るように心がけてください。

 

 

Jasmine ngapali resortってどんなホテル?

一言で表すと静かで広々としたビーチリゾートホテル。

f:id:voyageenvoiture:20200905193141j:plain

ロビーは風通しが良くて、開放感が気持ちがいい。

繁華街とは空港を挟んで反対側に位置しており、近くには小さな集落と海しかありません。

最寄りのサンドウェ空港からの無料送迎付きです。事前にフライト便名などホテルに伝えておく必要があります。

五つ星ホテルだけあってロビーの方は英語が通じます。

そうそう、ポーターさんの一人に日本語でしゃべりかけてくださる方もいらっしゃいました。ほっこり。

 

『ジュニアスイート シービュー』に宿泊。

今回予約したのは『ジュニアスイート シービュー』。朝食付きプランです。

ちなみに「ジュニアスイート」ですが、ランク的には下から2番目。笑

f:id:voyageenvoiture:20200905193238j:plain
お部屋がとっっても広い、とっても綺麗!

木の雰囲気がリゾートホテルらしさが醸されています。

インテリアも、洗練されて落ち着いた雰囲気があって、ゆっくり寛げる感じ。

 

f:id:voyageenvoiture:20200905193455j:plain

洗面台もダブルです。

 

f:id:voyageenvoiture:20200905193655j:plain

ここはバスタブも付いています。広くて洒落ています。

ただこのバスタブ、なんだか掃除がされていないような感じがありました。。

こはちょっと残念。使う人って珍しいんでしょうか。

もちろん、バスタブとは別に広いシャワールームもあります。

 

そして肝心のお部屋からの眺め!

f:id:voyageenvoiture:20200905231016j:plain

プールの奥に海!

ベランダには椅子とテーブルもあり、ゆっくり海を眺めることができます。

普段のせわしない日常を忘れて、落ち着いた、ゆったりした時間を過ごせます。

西向きなのでサンセットも堪能できます。

 

f:id:voyageenvoiture:20200905231259j:plain

朝食はビュッフェ形式

アジア風のもの、西洋風のものなどバラエティ豊か。味も美味しいです。

やっぱりアジア系メニューの方が美味しいかな。

レストランからも海が見えます。

海を見ながらゆっくり食事なんて本当に贅沢

日本に戻りたくなくなってしまいますね〜

ちなみに海が見えるテラス席はいつも混みあっています。

早めの時間、7時くらいに行くと空いているので早めがおすすめ。

 

オススメポイント!人がいない海!

このホテルはンガパリの中でも特に北に位置しており、比較的ホテルが少ない地域です。

そのため、浜辺には人が少ないです。もういないと言ってもいい。

f:id:voyageenvoiture:20200905192308j:plain

 

全く人がいないビーチ。

プライベートビーチではないんですが、匹敵するほど。

たまーーーに地元住民の方も歩いています。

 

f:id:voyageenvoiture:20200902215722j:plain

海も青々として綺麗

日常を忘れて穏やかな時間が流れていきます。

忙しない毎日から離れたい方に特にオススメです。

 

f:id:voyageenvoiture:20200908233546j:plain

浜辺でゆっくり、椅子にねそべって海を眺める時間。 

リゾートならではの時間の過ごし方。

 

ちなみに海にも入りましたが、波がチョイ強めなので、海に入る際は気を付けてくださいね。

浅瀬に近い場所なら全然問題なさそうです!

 

オススメポイント!リゾートで過ごす休暇!

施設は全体的に開放感に溢れており、リゾートらしい雰囲気があふれています。

 リゾートっぽい、開放的で自由な気分を味わいたいかたには特におすすめ。

f:id:voyageenvoiture:20200902233134j:plain

プールとプールサイドバーもあったり。

映画に出てくるセレブ達のような気分です。

ちなみに18時か19時まで(どっちかは忘れましたが)はHappyHourも設定されており、同じ飲み物を2杯頼めば1杯無料。

 

f:id:voyageenvoiture:20200908234109j:plain

昼間は海のそばで、本を読みながらゆっくりお茶でも。

 

f:id:voyageenvoiture:20200905231217j:plain

そして自室に戻って、誰にも邪魔されずに、水平線に沈む夕日をぼっと眺める。

さざ波を聞きながら、ゆったりのんびり自分の好きなように、自由に過ごす時間。

 

これぞ休暇

 

 

イマイチポイント!繁華街が遠すぎる!近くのレストランが少ない!

繁華街のような、賑わっている場所は遠いです。

観光地としてはンガパリビーチなんかが有名ですが、Eバイクでも片道2.30分かかるほど。けっこう遠い。

f:id:voyageenvoiture:20200908235352p:plain

ホテルと繁華街の位置関係 @OpenStreetMap

Eバイクは借用可能なので、Eバイクを運転可能な方、好きな方は借りることをオススメします。そうでない方はちょっと辛いかも。

タクシーはおそらくホテルの方に頼んで呼べば来ると思います(未確認)。少なくとも街でトゥクトゥクのような乗り物は見かけました。

自転車も借りられるので、ちょっと体力的につらいかもしれませんが、自転車で移動もいいかもません。

 

お店に関しては空港付近まで行かないとなかなか出現しません。

ちょっと水とか買い物できる場所も近くにはないような感じだったので、そこは少し不便。(ホテルで買うと高いですし)

自転車やEバイクを借りて、計画的に昼間に買い物するのが良さそうです。

 

イマイチポイント!ホテル内の物価は高め

五つ星ホテルなのでしょうがないですが、ホテル内は先進国に近い物価になっています。例えば、カクテル1杯400円程度。ランドリーサービスもシャツ1枚300円くらい。

バガンやインレー湖で泊まったホテルと比べてしまうとかなり高く感じてしまいます。(別記事参照)

 

まとめ

総評

人がすくなくて静かでゆっくりできる、JasminNgapaliResort。

日常から離れてゆっくりしたい人や、穏やかなビーチが好きな人にはとってもおすすめ!

ただし人が多くて賑やかなビーチで楽しみたいという方には少し物足りないかも。

もっと南方の、ンガパリビーチ周辺のホテルの方がいいかもしれません。

 

リゾートらしい雰囲気もあり、お部屋の施設も文句なし(ちょっと掃除が甘い所はあるけど)、食事も美味しく、すべてが平均以上で満足できるホテルです。

それでいて、シービューの部屋が1泊1室20,000円程度と高すぎないのが魅力。

2人で泊まれば一人10,000円程度で宿泊できちゃいます。

このホテルはすごくおすすめ!

是非参考にしてみてくださいね~

 

アクセス

場所はこちら↓

 

空港からは車で10分弱くらい。

ホテルから無料送迎してくれます。

 

宿泊情報

宿泊日 2020年1月2日〜4日(2泊)

部屋ジュニアスイートシービュー

金額 42,000円前後(2泊)

予約サイトBooking.com

食事朝食込み

その他空港からの無料送迎サービルあり(事前要予約)

ホテルの詳細は公式サイトも見てみてね↓

www.jasminengapali.com

 

 

 

さいごに

日常の喧騒を離れて穏やかな時を過ごせる『Jasmin ngapali resort』

静かなリゾートでゆっくり過ごしたい方。

コスパの高いビーチリゾートを探していた方。

たまには自分にご褒美をあげたい方。

そんな方には特にこのホテルはおすすめ!

ミャンマーへは成田から直行便もありますので、時間がない方でも4日くらいあれば満喫できちゃいます!

是非次の旅先に検討してみてくださいね!

 

ンガパリビーチ関連記事

roadtrip.hatenablog.com

件のランドリーサービスが安いバガンとインレー湖のホテル↓

roadtrip.hatenablog.com

roadtrip.hatenablog.com