車で旅する、世界を巡る。

個人旅行×ロードトリップ。ただし例外もあり。

【ミャンマー】バガン遺跡の朝焼け鑑賞スポット2カ所を紹介。定番スポット&穴場スポット。

f:id:voyageenvoiture:20200803223406j:plain

こんにちは。

今回のテーマは

バガンの朝焼けスポット2カ所を紹介。定番スポット&穴場スポット。』

 

バガン遺跡観光といえば朝焼け鑑賞が有名です。

朝日に照らされた遺跡たちはなんとも神秘的です。

でも朝焼けをどこでみるのがいいのか悩んでいる人も多いはず。

今回は私達が実際に行ってみた定番スポットと穴場スポットを1つずつ写真付きでご紹介いたします。

 

※この記事は2019年12月~2020年1月時点の情報です。

感染症の蔓延、及びミャンマー国内で発生したクーデター、それに伴うデモの発生などによりミャンマー国内の状況は短期間で大きく変化している可能性があります。常に最新の情報を得るように心がけてください。

 

はじめに

はじめに一つ、前置きですが、

よくガイドブックや旅行サイトに載っているような、遠目からバガンの全景を朝日が照らしだす幻想的な、あの有名な朝焼けの写真を撮れる場所はほとんどないと思われます。

あの写真達は遺跡の上に登って撮影された写真ですが、現状遺跡群に登ることは禁止となっており、なかなかあのような素晴らしい写真を撮影可能なスポットはありません。

これからご紹介させていただく場所も、よっぽど性能のいいカメラ機材でもない限り、あのような写真を撮ることは難しいと思われます。

ですが、あのような写真は撮れなくともバガンの朝焼けは素晴らしい景色ですので、是非これからご紹介する情報等も参考にしていただきながら、素晴らしいバガン体験をしていただきたく思います。

 

朝焼け定番スポット

まずは定番スポットの紹介。

行ったのは「ニャンラパットの丘(Nyaung Lat Phet Viewing Mound)という場所。

地球の歩き方にものっている有名な朝日/夕日スポットです。

 

日の出が朝6:30くらいだったので、6:00頃に着くように訪れました。

行ってみるとびっくり。

f:id:voyageenvoiture:20200726095314j:plain

人の大群。

見てお分かりのように、たくさんの観光バスが停まっていました。

特に入口付近に人が大量に滞留しており、身動きとるのもやっとです。

この丘はかなり大きめの丘ですので、奥までいくと人も少なくなり、空いてきます。

少し見え方は悪いですが、奥まで進んだ方が快適です。

 

さて、肝心の朝日はというと。

f:id:voyageenvoiture:20200726095827j:plain

f:id:voyageenvoiture:20200726095824j:plain

f:id:voyageenvoiture:20200726095836j:plain

こんな感じの風景です。

綺麗ではありますが、正直、「思ってたのと違う…」という感じですよね。

 

これはスマートフォンと古いデジタルカメラで撮影していますが、これが限界でした。

遺跡が遠目にしか映らないので、遺跡があまり目立たず、バガンという雰囲気は薄めです。

 

f:id:voyageenvoiture:20200803221619j:plain

これだけ気球が近づくこともあります。

 

一応この「ニャンラパットの丘(Nyaung Lat Phet Viewing Mound)でも人ごみに紛れながら朝日を見ることは可能ですが、人が多すぎて全然よく見えないので、個人的にはおすすめの場所ではないです。

ただ今や数少ない「高い位置からある程度見渡せる」場所である、という利点もありますので、一度は訪れてみるのもいいかもしれませんね。

 

アクセス

場所はこちら↓

私達はEバイクで訪れましたが、駐車場も広くタクシーなどでも簡単にアクセスできそうです。

 

 

朝焼け穴場スポット

お次はガイドブックなどに載っていない朝焼けスポットです。

ここは広大なバガン遺跡を見渡すという感じではなく、朝焼けに染まるダマヤンジ―寺院を鑑賞できる、絶景スポットです。

場所は「Myaue Boydha」という名前の寺院のあたりです。シュエサンドーパゴダの近くです。

f:id:voyageenvoiture:20200726101719j:plain

こんな感じの遺跡がある場所です。

 

この場所からみられる景色はというと、

f:id:voyageenvoiture:20200726102022j:plain

f:id:voyageenvoiture:20200726102042j:plain

f:id:voyageenvoiture:20200726101807j:plain

こんな感じです。

沢山の遺跡が朝焼けに照らされたような写真ではないんですが、

右側のダマヤンジ―が朝日を受けてかすみがかっている様子が印象的です。

実際見てみると幻想的で素晴らしい絶景です。

 

この場所のいいところは、有名スポットではないので人がほとんどいない、という点です。

私達の他は4組程度の観光客しかいなかったので、自由に見ることができます。

個人的にはこの場所がしっかり朝焼けの風景を見られてとてもオススメです。

特定の遺跡の朝焼けに染まる神秘的な姿でもいい、という方はこちらを訪れてみてくださいね。

 

アクセス

場所はこちら↓

目的地付近の道路は少し狭いのでEバイクで行くのがおすすめです。

車でもいけないことはなさそうですが、車を止められる場所があるかは分かりません。

 

朝日スポットを探す

個人的にはニャンラパットの丘よりも「Myaue Boydha」の方がおすすめ。

でも本当に一番おすすめなのは、自分の足で朝焼けを見られそうな場所を見つけること。 

1泊だけの観光では難しいですが、2泊以上を考えている方は、観光しながら

どの場所なら朝やけが綺麗に見られそうか?

ということを常に考えて観光すると良いでしょう。

きっとあなただけのお気に入りの朝焼けスポットが見つかります。

より一層思い出にも残りますので、是非チャレンジしてみてくださいね。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。

バガンの朝焼けは心に染みる美しい情景です。

是非あなたのお気に入りの場所で、最高の朝焼けをみてくださいね。

 

関連する記事

 

roadtrip.hatenablog.com

roadtrip.hatenablog.com

roadtrip.hatenablog.com